«
»

耐用年数切れた「専守防衛」

櫻田 淳

太平洋への関与不可欠 「空母」艦隊擁し米豪と協力を

東洋学園大学教授 櫻田 淳

 安倍晋三内閣は、向こう5年の防衛政策の大枠を定めた「防衛計画の大綱」を閣議決定した。華春瑩(中国外務省副報道官)は、この「防衛計画の大綱」に対する中国政府の評価として、「中国の正常な軍事活動について脅威を扇動している」と主張した上で、「強烈な不満と反対」を表明した。

 また、『読売新聞』(電子版、12月19日配信)記事に拠(よ)れば、海上自衛隊の「いずも」級護衛艦を改修し事実上の「空母」として運用する方針について、華春瑩は、「歴史的な原因で、日本の軍事面での動向にアジアの隣国は高い関心を寄せている。日本は専守防衛を堅持すべきだ」と述べたとのことである。

 中国政府の反応に限らず、此度(このたび)の「防衛計画の大綱」に絡む議論は、それが「専守防衛」で想定される範囲を逸脱しているか否かに焦点が当てられているようである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。