«
»

憲法改正は普通に行うべし

大藏 雄之助

適切に対応する諸外国

評論家 大藏 雄之助

 従来わが国は国家の当然のこととして自衛権を保有しており、その延長上に存在する集団的自衛権も保持しているが、その行使は日本国憲法第9条により禁止されていると言われてきた。広く認められている権利を「自ら放棄する」のは個々の自由であろうが、正当な権利を行使できないとするのは矛盾ではないか。

 しかもそれを、内閣総理大臣の指揮下にあるはずの「内閣法制局」が決定するというのは不思議なことだ。集団的自衛権の拘束を外すのは憲法改正に相当するとの解釈はありうるし、まず憲法の条文を改正すべきだと進言することは行政府の一機関として容認されることである。しかし、議会や最高裁の判断を越えて政府の政策を妨害するのは明らかに越権行為である。

 それでは原点に返って、憲法改正を考えてみよう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。