«
»

中国の圧迫に苦悩する台湾

茅原 郁生

日常に根付く「全民国防」 民間企業が軍事的訓練を指導

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 台湾の地方選挙では民進党の大敗が伝えられているが、先立つ11月8日、淡江大学で開催された国際シンポジウムに参加してきた。この国際シンポは日本安全保障・危機管理学会(JSSC)と淡江大学の研究交流を目的として着手された意見交換会で、渡辺利夫拓殖大学総長(当時)がJSSC会長時代に着手され、第3回を迎えて盛大に挙行された。

 今回の主テーマは「東アジアの安全保障」で、東アジア地域の平和と安定を脅かすものは何か、などが活発に討論され、有意義な意見交換の場となった。トランプ米大統領は当選直後から蔡英文台湾総統との首脳電話会談で、米台間の緊密な経済、政治、安保上の連携を確認していた。そして「中国は一つ」の原則にも疑念を呈し、旅行法を制定するなど、これまで見られなかった大きな一石を中台関係に投じていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。