«
»

東アジアの平和と繁栄に貢献

浅野 和生

「明治150年」節目の日本 戦後70年の「安倍談話」を読む

平成国際大学教授 浅野 和生

 今年、2018年は「明治150年」の節目の年である。1868年10月23日に慶應を改元して明治と改めたので、明治150年の日は、2018年10月23日であろう。そしてこの「明治150年」を、東アジアの平和と繁栄に貢献する、自由と民主と法治の日本で迎えたことを慶(よろこ)びたい。

 ところで、この150年間を二分するとしたら、その分け目は昭和20(1945)年8月15日ではないか。明治元年からそこまで満77年余り、それから以後が73年ほどである。明治、大正、昭和、平成という近代日本150年の折り返し点が、敗戦の日ということになるだろう。

 さて、2015年8月14日、敗戦から70年の節目に当たり、安倍晋三首相が発表したのがいわゆる「戦後70年談話」であった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。