«
»

カスピ海は「湖」か「海」か

乾 一宇

領海認め外国軍は排除 内外に結束示した沿岸5ヵ国

ロシア研究家 乾 一宇

 サウジアラビアのジャーナリスト殺害事件、中国のウイグル人強制収容、シリアで拘束されていた安田純平さんの解放などイスラム教に絡む事件が相次いで報道されている。

 カスピ海沿岸諸国もイスラム教国家が多いが、日本ではあまり話題に上らない。

 カスピ海に面するロシア(人口約1億4300万人)、イラン(推定7780万人)、カザフスタン(1500万人)、アゼルバイジャン(940万人)、トルクメニスタン(500万人)の5カ国首脳が8月、「カスピ海の法的地位に関する協定」に署名した。

 ソ連時代、ソ連とイランは、カスピ海を湖として慣習通り均等な権益を有していた。ソ連が崩壊し、独立国が誕生、湖だと主張するイランと、海だとする4カ国との間で折り合いがつかなかった。それが今回、協定締結に至った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。