«
»

人生の旅路とどう向き合うか

根本 和雄

「生老病死」を見詰め直す 「病」は人生への気付きの時

メンタルヘルスカウンセラー 根本 和雄

 今、「超高齢多死社会」に直面している我が国の現状は、100歳以上の高齢者は6万9785人(2018年)であり、加えて、年間の死亡者数は130万2000人(15年)で、さらに21年後の39年には166万人と推計されている。このような状況の中で「老い」と「死」の狭間(はざま)で「病」を受容しながら人生の旅路を日々歩む現実に直面していると思うのである。もとより「生老病死」とは、釈尊が出家する以前、太子であった時、東西南北の四つの市門から郊外に出遊し、老人・病人・死者・バラモンに会って、それぞれ人生に対する目を開き、出家を決意するに至ったという「四門出遊」(四門遊観)に由来し、以来、人生の苦悩の根本原因である生・老・病・死を「四苦」という。この「生老病死」の「四苦」は今日に到るまで、人生の最も重要なターニングポイント(転機)そのものである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。