«
»

「国防は国民の義務」自覚を

竹田 五郎

隊員募集苦労する自衛隊 産経「鎮魂の日」報道に違和感

軍事評論家 竹田 五郎

 8月16日付の産経1面は、戦後70年間も平和を継続し得たのは「平和の祈り」のおかげである、というような紙面づくりで、全国戦没者追悼式における天皇陛下のお言葉の変遷を詳細に報じていた。ただ、陛下は「平和の祈り」だけでは平和が得られないことを十分御承知であろう。

 さらに同紙は23面に「鎮魂の日 孫連れ靖国に/『何か感じて』思い託す」との見出しで、全国戦没者追悼式に臨んだ3人の紹介記事を写真入りで掲載している。その中の一人、6歳の小学生は「(戦争は)大きな大きな国と国とのけんかで、やってはいけません。戦争をやらない約束をしにきました。ひいおじいちゃんのため頑張ります」と述べていた。陛下もこの記事をご覧になられたかもしれないが、戦争を憎む思いには喜びを感じつつも、今後のわが国の防衛に不安を感じられたのではないか、と拝察する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。