«
»

海洋覇権に意欲燃やす中国

茅原 郁生

遠洋海軍力保持と過信 周辺国海軍は海警が対応か

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 8月16日、米国防総省は議会宛ての年次リポート「中国の軍事力」(米国防報告)を公表した。そこでは中国軍事力の強化に警戒感が示され、特に海洋面での領域拡大などへの懸念が表明されていた。

 ちなみに本年度・米国防報告は中国軍事力強化について、具体的に海軍陸戦隊が2020年までに3倍増の6万人・7個旅団体制に、潜水艦が56隻から69~78隻に、空母4隻体制へ、1万㌧級のミサイル駆逐艦建造など海軍力の強化、さらにH6K爆撃機の核爆弾搭載化などを報じていた。現に中国海軍は海洋権益の拡大に伴い近海防御から遠洋任務に拡大しており、実験空母・遼寧は既に配備に就いている。また国産初の空母も配備前の試験航海を開始しており、外洋能力の強化を目指している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。