«
»

米露首脳会談、隠された見方

乾 一宇

陰のテーマは対中政策 米、中国封じにロシア利用か

ロシア研究家 乾 一宇

 トランプ米大統領は、6月の米朝首脳会談に続き、7月に北大西洋条約機構(NATO)首脳会議、初の訪英、米露首脳会談をこなした。

 米政府は、米朝会談直後の6月中旬、中国に貿易戦争を仕掛け始めた。

 7月8日の当欄で、世界は激動の時代に入った、と論じた。国際主義を排し、米国第一を掲げるトランプ大統領は、多極化を容認しつつも、中国の覇権追求を阻止するため、一連の行動に出ているのだ。中国は、多極化と言いながら、一極支配を目指している。

 この観点から今回の「初の本格的な米露首脳会談」を読み取る必要がある。3月にプーチン氏が大統領再選を果たしたとき、トランプ大統領は、周囲の反対を押し切り祝福の電話をした。このとき、米国へ招待することも話している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。