«
»

李閣下の諭しと日本の覚悟

西田 健次郎

中国の覇権主義と対峙を アジアの自由と平和を守れ

OKINAWA政治大学校名誉教授 西田 健次郎

 日本台湾平和基金会は、大東亜戦争で日本兵として戦い、散華した台湾人の慰霊顕彰碑を2年前に建立し、去る6月24日に第6回の慰霊式を無事に終了した。李登輝友の会や県内外から赤誠の浄財の寄贈を頂き、心よりお礼を申し上げたい。

 政治家として尊敬してやまない李登輝閣下に顕彰のための揮毫(きごう)を依頼すると、来沖前、次のメッセージを寄せた。

 <時代が変わろうと人が変わろうと、人が命を犠牲にして他者を救わんとした行為は、民族や国家の如何(いかん)を問わず、人道の範として称賛され、語り継がなければなりません>

 この崇高なお言葉「為國作見證」という揮毫を賜り、関係者一同、感謝した。驚くことに、24日の台湾之塔慰霊祭および李閣下碑文の除幕式のために来沖し、前日の歓迎晩餐(ばんさん)会と24日夜の沖縄台湾華僑総会歓迎夕食会に出席する旨の連絡が台湾から入った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。