«
»

戦没者慰霊に携わる若者たち

茅原 郁生

バシー海峡望む寺で鎮魂 台湾人救った警部の墓参も

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 本年も8月15日には恒例の全国戦没者追悼式が開催される。周知のように全国戦没者追悼式は、過ぐる第2次世界大戦で戦死した旧日本軍軍人・軍属約230万人と、空襲や原爆投下等で死亡した一般市民約80万人の、日本人戦没者計約310万人の御霊安らかならん願いを込めた、国家を挙げた慰霊祭である。

 現天皇・皇后両陛下はご即位後、戦争の記憶の風化に危機感を抱かれ、戦争の悲劇を忘れぬためと慰霊の旅を重ねてこられた。両陛下の「戦没者慰霊の旅」は、1994年2月硫黄島から始まる。戦後60周年の2005年6月は玉砕した島・米自治領サイパンを訪問された。続けて太平洋戦争の激戦地となったパラオ、フィリピンなどに80歳を超えるご高齢で両陛下は足を伸ばされている。まさに心打たれる象徴天皇のご慰霊行脚であり、わが国の文化、良き風習を誇りたい思いである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。