«
»

「ユダヤ国民国家法案」可決

佐藤 唯行

イスラエルの右旋回象徴 ユダヤ色強め入植活動拡大へ

獨協大学教授 佐藤 唯行

 イスラエル国会(一院制、議席120)は7月19日、「ユダヤ国民国家法案」を賛成62、反対55、棄権2、欠席1で可決した。

 法案可決に尽力するようネタニヤフ首相の尻を叩(たた)いたのは宗教シオニスト勢力だ。単独過半数に満たぬ世俗右派政党リクードを率いるネタニヤフは彼らに頭が上がらないのだ。宗教シオニスト諸政党の協力なしには連立右派政権を維持できないからだ。連立政権に属する国会議員の内、少なくとも26人が宗教シオニストで占められているほどだ。

 「ユダヤ国民国家法案」はイスラエルの法体系の中では基本法に分類される。基本法とは「憲法なき国」イスラエルにおいて憲法に相当する重要な法律だ。当然、通常の法律より優位に立つ。これまで10を超す基本法が制定され、国家や社会の制度などこの国の在り方を定めてきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。