«
»

日中関係と併存する日台関係

浅野 和生

「平和条約」蹂躙する中国 台湾は中国の一部ではない

平成国際大学教授 浅野 和生

 日中平和友好条約の締結から40年が経過した。1978年8月12日に署名された同条約の第1条第1項には、「両締約国は、主権及び領土保全の相互尊重、相互不可侵、内政に対する相互不干渉」とあるが、この40年間にわたって中国はこれを蹂躙(じゅうりん)し続けた。

 繰り返された「教科書問題」や、尖閣諸島問題、東シナ海の海底資源開発問題など、中国からの内政干渉、日本の主権や領土に対する侵害行為は枚挙にいとまがない。

 さて、日中間の最大の懸案は「台湾問題」である。しかし、日中平和友好条約に台湾への言及はない。ただ前文に日中共同声明が両国間の平和友好関係の基礎であること、そして共同声明に示された諸原則が厳格に遵守(じゅんしゅ)されるべきことが確認されている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。