«
»

ユダヤ人の最新「族外婚」事情

佐藤 唯行

米の白人支配層が評価 アジア系女性との結婚も急増

獨協大学教授 佐藤 唯行

 族外婚はユダヤ人の生活の中で最も物議を醸す問題だ。その歴史は古く、「ユダヤ民族の始祖」アブラハムが2番目の妻ハガルと行った結婚も族外婚だった。族外婚を禁じる神の命は異教徒女性が発する色香の前にたびたび敗北を喫したのだ。中世になるとキリスト教会の法により厳罰化されたため、その数は激減する。ユダヤ娘と結婚したキリスト教徒が火刑に処せられる事件さえ起きている。

 時代が下り近代の英米で宗教的に寛容な社会が出現すると、民族・宗教を異にする者同士が愛によって結ばれるようになる。1776~1840年のアメリカでは、ユダヤ人の結婚の28%が族外婚だった。当時の北米は差別も弱く、ユダヤ人はキリスト教徒から「容認できる伴侶」と見なされていた。何よりもユダヤ人口が希少だったので、ユダヤ人側としても独身が嫌ならキリスト教徒と結婚するしかなかったのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。