«
»

「避難情報」と早めの避難行動

濱口 和久

毎年発生する大雨災害 「逃げ遅れ」が生命の危険招く

拓殖大学大学院特任教授 濱口 和久

 これからの季節、日本列島のどこかで大雨による災害が起きる可能性がある。昨年7月の九州北部豪雨では、福岡県朝倉市、同県東峰村および大分県日田市などを中心に河川の氾濫(はんらん)、浸水害、土砂災害が起き、甚大な被害をもたらした。福岡県で34人(朝倉市で31人、東峰村で3人)、大分県日田市で3人の計37人が亡くなった。また、朝倉市では4人が行方不明になっている。

 毎年、大雨による犠牲者は、安全な場所(学校や公民館など)に逃げ遅れたことにより亡くなる場合が多い。地震と違い、大雨が降ることは気象予報などを通じて、ある程度は想定できる。大雨が降る場合には、「避難情報」に基づいて、早めに避難することが、自分や家族の生命(いのち)を守ることにつながる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。