ワシントン・タイムズ・ジャパン

政敵を恩赦した露大統領

中澤 孝之

ソチ五輪控えた配慮か

日本対外文化協会理事 中澤 孝之

 ロシア大統領ウラジーミル・プーチンの恩赦によって旧臘(きゅうろう)20日に刑務所から10年ぶりに釈放された元石油大手ユコス社長ミハイル・ホドルコフスキー(50)は即日、ベルリンに飛び、ロシアから21日に駆けつけた両親(父ボリスと母マリナ)や、スイスから来たインナ夫人と双子の息子たち、それに居住する米国から直行して来た長男パーベルなどと再会を果たし、新年を家族水入らずで過ごした。

 ドイツ政府からは同国滞在を許可する1年間有効のシェンゲン・ビザ(加盟国国民は国境検査なしで自由移動できるシェンゲン協定に基づく)を発給された。そのあと、3カ月有効のスイス・ビザを取得して1月5日にはスイスに向かい、さらに同8日にイスラエルまで足を延ばすという慌ただしい日々を過ごした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。