ワシントン・タイムズ・ジャパン

米朝首脳会談開催に寄せて

櫻田 淳

北の日本疎外に動じるな G7をトランプ「壮行会」に

東洋学園大学教授 櫻田 淳

 ドナルド・J・トランプ(米国大統領)と金正恩(北朝鮮・朝鮮労働党委員長)が初めて顔を合わせる米朝首脳会談は、来る6月12日、シンガポールで開催されることになった。筆者は、候補地として報じられた都市の中では、板門店が「最悪」、ウランバートルが「次悪」、シンガポールが「次善」という評価を下してきた故に、シンガポール開催を歓迎する。

 また、6月12日開催という日程は、トランプが直前のシャルルボワG7サミット(先進7カ国首脳会議)での議論の結果を受けて、シンガポールに乗り込むことになることを意味している。シャルルボワG7では、マイク・ポンペオ(米国国務長官)が披露した「恒久的、検証可能にして不可逆的な大量破壊兵器の廃棄」という方針を「西方世界」の総意として明確に打ち出すことが大事になるであろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。