ワシントン・タイムズ・ジャパン

在り方問われる巨大IT企業

加瀬 みき

不当に個人情報集め悪用 操られる市民の政治的思考

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき

 フェイスブック(FB)やツイッターといったソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)やグーグルなどの検索エンジン、アマゾンなどのネットショップ。こうしたITを利用した巨大IT企業のサービスは欠かせない日常の道具となっている。しかし、そうしたハイテク道具が不当に個人情報を収集し、さらにはそれを利用することで個人の嗜好(しこう)や政治的思考が操られ、選挙にも大きな影響を及ぼしているのではないか。アメリカ議会は巨大IT企業の在り方を問い直している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。