ワシントン・タイムズ・ジャパン

国益考えぬ野党とメディア

ペマ・ギャルポ

期待できない二大政党誕生

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ

 日本では二大政党の必要性を論じたり、そのような現象を望んだりするような記事や論文がよく見受けられる。しかし最近の野党の議員たちの言動や評論家たちの論調を見る限り、日本においての二大政党は夢のまた夢であるように思う。なぜならば二大政党が存続できる国では、少なくとも国家の基本的な安全保障や外交に関してはさほど違いが無く、あくまでも自国の利益と国の誇りを維持することに関しては極端な差が無いからだ。もちろん社会福祉や教育など国内の問題ならびに外交や防衛に対する手法などについて、多少の差が有るからこそ違う政党であることの意味を成す。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。