«
»

地震後の「通電火災」に備えよ

濱口 和久

感震ブレーカーの設置を 地震保険への加入も不可欠

拓殖大学大学院特任教授 濱口 和久

 熊本地震から2年が過ぎた。熊本地震では観測史上初めて、2度の震度7の地震に見舞われ、50人が犠牲となった。そして、20万棟近い家屋が損壊するなどした。熊本地震では、地震後に通電火災が起きたという報告は1件もされていないが、震度6弱以上の地震が起きた場合には、間違いなく通電火災が起きる可能性が高い。

 通電火災を簡単に説明すると「大規模な地震などに伴う停電が復旧し、通電が再開される際に発生する火災」。

 通電火災が注目されたのは、23年前の阪神・淡路大震災のときだ。神戸市内だけで157件の建物火災が発生。原因が特定できた55件のうち35件が電気火災で最も多く、そのうちの33件が通電火災だった。7年前の東日本大震災でも、本震による火災が111件起きたが、原因が特定されたものが108件。そのうちの過半数が通電火災だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。