ワシントン・タイムズ・ジャパン

明治医学界のユダヤ系恩師

佐藤 唯行

差別と闘ったエーリッヒ

獨協大学教授 佐藤 唯行

 今から百年ほど前、梅毒は今日のエイズと同じぐらい、人々から恐れられた病であった。

 その特効薬サルバルサンを1909年に開発したのがパウル・エーリッヒ(1854~1915)と秦佐八郎(1873~1938)。

 ドイツユダヤ人と日本人の師弟コンビだった。赤痢菌発見で名高い志賀潔(1870~1944)もエーリッヒの弟子だ。両者は1904年、感染症治療のための化学療法剤を世界で初めて開発した。人体には毒性が少ないものの病原微生物を退治してくれる化学物質を医療に用いる画期的な手法だ。明治日本を代表するこのふたりの医学者は野口英世が下働きをしていた「北里研究所」の兄弟子だ。

 学歴エリートだったこのふたりは渡米した野口と異なり、正統派の留学先、ドイツへ赴いたのだ。当時のアメリカは学問の分野では未だドイツの後塵(こうじん)を拝する国だったからである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。