ワシントン・タイムズ・ジャパン

チベットで続く宗教弾圧

ペマ・ギャルポ

寺院火災の真相隠す中国 僧院宿舎破壊し僧侶削減も

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ

 今回は中国共産党支配下のチベットと信仰に関する出来事についてご報告したいと思う。第1に取り上げたいのは2月17日夕方6時40分に発生したラサの聖なるジョカン寺での大火事のことである。動画投稿サイト「ユーチューブ」に上げられた録画など見る限り、大変に大きな火災で、燃え上がる真っ赤な炎は遠くからも肉眼で見えた。

 だが2、3時間以内に火の画像は見えなくなり、当局は「火は3時間で消した。火災は大したダメージがなく、また放火の疑いもない」と正式にコメントを出した。ただしラサの住民には、3日間ジョカン寺を閉鎖すると告げられ、真相を隠しているようにも見える。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。