«
»

対露防衛体制の弱点は大統領

加瀬 みき

選挙介入の事実を軽視 米の民主主義守る対策取らず

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき

 アメリカの司法省は2016年の大統領選挙に不当に介入し、トランプ候補(当時)を支援した容疑でロシア人13人およびロシア3企業を起訴した。ロシアによるアメリカの選挙への介入疑惑を調査しているロバート・モラー特別検察官の調査報告に基づくものである。

 ロシアが16年の米大統領選挙に介入したことは、17年1月に国家情報長官が公開した機密解除版報告書ですでに明らかになっていた。同報告書は連邦捜査局(FBI)、中央情報局(CIA)、国家安全保障局(NSA)が収集した情報からプーチン・ロシア大統領が16年の米大統領選を操作することを命じたことに「非常に高い確信」があるとしている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。