ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

新駐日ロシア大使は久々の知日派

中澤 孝之

日本語堪能ガルージン氏 能吏タイプ、強硬派の一面も

日本対外文化協会理事 中澤 孝之

 ロシアのプーチン大統領は1月29日、エフゲニー・アファナシエフ駐日大使(70)を解任し、日本通で知られ、対日外交の経験が豊富なミハイル・ガルージン氏(57)を新駐日大使に任命する大統領令に署名した。

 駐日大使にガルージン氏が任命されたことは、元駐日大使アレクサンドル・パノフ氏(73)以来久々の知日派大使の起用となる。パノフ氏は1996年9月から2003年11月まで駐日大使を務めたが、お別れの記者会見で「私の生まれはモスクワだが、外交官としての私のふるさとは日本だ」と述べたエピソードが残っている。ガルージン氏はこのパノフ氏にかわいがられたといわれる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。