«
»

付和雷同するマスコミの罪

大藏 雄之助

事実報道を怠る反対論

評論家 大藏 雄之助

 ジャーナリズムは「社会の木鐸(ぼくたく)」と言われるように世間の実相を伝える機関であるが、日々の行政府の発表に対して批判的な視点で論評を加えることも大事な役割である。しかし、最近の新聞は公平に事実を報じることを怠り感情のままに反対論を述べているように思われる。

 例えば『特定秘密保護法』について「戦前への逆戻り」とか「オスプレイを撮影したら罪に問われる恐れがある」などという記事は論理的な根拠がない。これは1958年の警察官職務執行法改正案の審議中に「デートもウカウカしておられない」と煽(あお)ったのと同工異曲である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。