«
»

「習一強体制」確立へ成果誇示

茅原 郁生

盤石でない政権基盤反映 中国新華社17年10大ニュース

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 2017年はトランプ米大統領の予測困難な言動や北朝鮮の核ミサイル実験に振り回された年であった。中国自身も第19回共産党大会(19大)という大行事を経たが、昨年の国内外の情勢を中国はどう見たか、新華社が選定した国内外10大ニュースから探ってみよう。

 中国の10大ニュースは、民意の集計による客観的な評価というより共産党統治に利する政権に都合の良いニュースとして選別されている感がある。またそれは時系列的に取り上げられ、重要度の判断を避けた羅列という難点はあるが、国営通信の選定したニュースとして政権の意向を知る手掛かりになるものでもある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。