«
»

西欧文明の神髄伝えた中村正直

加藤 隆

英で自主自律の精神学ぶ 女性の教養の高さにも注目

名寄市立大学教授 加藤 隆

 中村正直は号を敬宇という。天保3(1832)年に生まれ、明治24(91)年に没している。江戸時代の儒学の本山であった昌平黌(しょうへいこう)で秀才の名をほしいままにしたエリートである。彼が泰平の時代に生きたならば、後世に大儒学者として名をとどめたように思う。しかし、時代は彼を昌平黌にとどめず、世界に引っ張り出し、日本人の心を燎原(りょうげん)の火のように燃やす人物へと導いていった。

 維新直前の慶応2年、正直は幕命を受け12人の留学生の監督役として英国に派遣される。当然のことながら強烈なカルチャーショックを受けた。渡英前、彼は漢籍から得た情報によって英国人は科学や技術面では優れるが、精神や道徳面では劣ると思い込んでいた。ところが、実際に自分の目で見た英国社会は、道義の面でも東洋の水準を超える立派な社会であったのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。