ワシントン・タイムズ・ジャパン

月の有人探査と日本の役割

青木 節子

蓄積された科学的知見 宇宙飛行士多く居住技術も

慶應義塾大学教授 青木 節子

 2017年12月12日、第3次宇宙基本計画(平成27年策定)の平成29年版の工程表が宇宙開発戦略本部(議長・安倍晋三首相)で決定された。第3次以降は、ロケットや衛星の開発、探査計画など53の項目について毎年工程表を更新し、目標達成状況と翌年度以降の計画を詳細に記すこととなっている。

 53項目の中に「国際有人探査」がある。平成28年改定の工程表では、29年度以降の取り組みは、他国の動向も勘案の上、国際有人宇宙探査の原則とすべき基本的な考え方を、2018年3月に日本で開催される閣僚級会合、国際宇宙探査フォーラム(約60カ国参加)までに取りまとめる、という茫漠(ぼうばく)としたものであった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。