«
»

習近平一強体制の光と影

茅原 郁生

強国追求で他国犠牲に 過度の礼賛、個人崇拝の懸念

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 中国では、5年に1度の最大政治イベント・共産党第19回大会(19大)が10月18~25日の間に開催され、習近平2期指導部が発足した。19大では、習総書記による政治報告でこれまでの南シナ海への領域拡大を評価した上で向後の強国路線が行動指針(戦略)で示され、党規約の改定や中央委員選出などの人事が決められた。3時間半に及ぶ政治報告などから見えてきた強国路線や習近平一強体制の確立などについて光と影の両面から注目点などを整理しておこう。

 第1に政治報告で、「21世紀半ばまでに社会主義強国を建設し、総合的な国力と国際的な影響力で世界トップレベルの国家となる」方針が表明され、習指導部の野望を垣間見せた。そこでは国家統治体系や統治能力の現代化を進めて、「世界諸民族の中でそそり立つ中華民族国家の建設」が目指されている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。