ワシントン・タイムズ・ジャパン

反朴デモの魔女狩り的背景

300

 韓国の朴槿恵大統領は、国会の弾劾訴追案可決に伴う憲法裁判所の審理と特別検察官の捜査に直面しているが、最近、支持者による弾劾反対デモが全国的に拡散している。朴大統領が特殊な宗教家の家族や関係者による国政紊乱を招いたのは事実だが、「崔順実ゲート事件」はメディアの事実歪曲と国よりも自分の栄達や保身を優先する政治屋、そして親北左派団体が作り上げたものだ。

 事件の発端となった(タブレット)PCは崔容疑者のものかどうかすら確認されておらず、スポーツ関係の財団は大統領の選挙公約の一環として設立され、財閥企業が後援した資金も不正に使用された形跡がない。にもかかわらず、反朴デモでは最初から大統領の「下野」や「逮捕」を訴えてきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。