ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

世界に広がる 中国の都市監視システム

yamada

 中国・新疆ウイグル自治区や香港にあふれる監視カメラ。そんなAI都市監視システムが、中国からどんどん輸出されている。強権政治拡大につながるとの懸念も増している。

 英調査会社コンパリテックの昨年夏の報告では、世界の150の大都市に設置されている公的CCTV(閉回路テレビ)監視カメラは、中国製とその他を合わせ約7億7000万台に達した。うち約4億2000万台が中国国内。人口1000人当たりの台数で上位10市のうち3位のロンドン(67台)以外はみな中国だ(東京は1・06台で最少クラス)。今年末には世界で10億台を超えると見られている。

 それはカメラだけでなく、顔や自動車番号の認証その他の監視から情報の分析・管理までのシステム。ファーウェイ(華為)社はそれを「安全城市」プログラムとして各国に広げてきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。