«
»

中国、国外ウイグル人へ強権

トゥール・ムハメット博士

迫害下の新疆ウイグル

日本ウイグル連盟会長 トゥール・ムハメット博士に聞く

 中国による新疆ウイグル自治区のウイグル人への弾圧と中国化政策が進められている。宗教の自由や民族のアイデンティティーを奪われ、ウイグル人の人々が国内外で抗議の声を上げている中、昨年秋から、中国が海外のウイグル人を中国本土に呼び戻す動きが出てきている。中国の意図について、日本ウイグル連盟会長のトゥール・ムハメット博士に聞いた。 (聞き手=石井孝秀)

情報工作や圧力を強化/日本はスパイ防止法制定を自治区とは名ばかり/ウイグル語は全面禁止

7月初めにエジプトで、ウイグル人留学生が大量に拘束されるということが起きた。もともと中国への一時帰国は海外すべてのウイグル人に通達が出されており、日本に留学しているウイグル人にも行方不明者が出ていると聞く。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。