«
»

憲法改正は主権回復の一歩

佐藤義信氏

国の主権とは何か

歴史探訪ゼミナール主宰 佐藤義信氏に聞く

 近年、わが国を取り巻く環境が慌ただしさを増している。とりわけ、北東アジアにおいては北朝鮮の核弾道ミサイル開発や中国の尖閣諸島への領海侵犯など、わが国の主権を脅かす事件が相次いでいる。一方、安倍政権は憲法改正を視野に日本の安全保障の体制づくりを進めているが、森友学園や加計学園問題で支持率を低下させている。ここでもう一度、「主権」に焦点を当て、日本の進むべき方向性について歴史探訪ゼミナール主宰の佐藤義信氏に聞いた。 (聞き手=湯朝肇・札幌支局長)

歴史とりわけ西洋史を勉強するとき、「主権」が大きなテーマになります。主権の概念をどのように考え、捉えるべきなのでしょうか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。