«
»

実現不可能なだまし絵を立体化

【動画】錯覚の世界で不思議発見!

目の錯覚「錯視」の不思議

明治大学特任教授 杉原厚吉氏に聞く

 立体化することが不可能と思われるだまし絵「不可能図形」。この「不可能図形」には、数学的手法で簡単に立体化できるものもあり、それらは「不可能立体」と呼ばれる。数学を使って目で物を見る仕組みや、なぜ錯覚が起こるのかを研究している明治大学の杉原厚吉特任教授にインタビューした。 (聞き手=宗村興一)

【動画】錯覚の世界で不思議発見!

数学の創造力を活用/錯覚のない安全社会へ一助不可能立体の企画展、明大博物館で開催中

不可能立体とは何か。

 不可能図形という、絵には描けるけど立体として作れそうにないと感じる絵がある。それを立体化したものが不可能立体だ。不可能立体は、見ると「こんな立体はあり得ない」と感じる「立体錯視」という錯覚が起こる。不可能図形を立体にするトリックはいくつもある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。