«
»

七夕を世界的な行事に

小磯卓也氏

みんなの希望・夢が集まる日

一般社団法人七夕協会代表理事 小磯卓也氏に聞く

 短冊に願い事を書き、星に願いを懸ける七夕。日本各地の七夕まつりは、新暦7月7日~月遅れ8月9日のどこかで行われている。その七夕を「クリスマスやバレンタインと並ぶ世界的な行事にする」との思いで、全国の七夕行事の支援活動をしているのは、一般社団法人七夕協会代表理事の小磯卓也さんだ。小磯さんに七夕協会の活動や七夕の魅力について聞いた。 (聞き手=宗村興一)

「生きる喜び・生きる悲しみ」世界から短冊を通し集める 一番の幸せは大切な人に喜んでもらうこと 

七夕協会はどんな組織ですか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。