«
»

今なぜ「敵基地攻撃」か? 小野寺五典氏

小野寺五典氏

反撃能力が北の攻撃抑止

自民党政調会長代理・元防衛相 小野寺五典氏

 核・ミサイル開発に血眼の北朝鮮に対し、トランプ米大統領は軍事力の行使をも示唆、日本を取り巻く安全保障環境は一気に緊張の度を増している。そんな中、自民党は「敵基地反撃能力」の保有を求める提言を政府に提出した。論議を主導した同党政調会長代理の小野寺五典・元防衛相に提言の趣旨や日米同盟のあり方を聞いた。(聞き手=政治部・小松勝彦)

トランプ米大統領は北朝鮮の核・ミサイル開発に関して、習近平主席に「中国が協力しなければ、軍事力行使を含めた独自の行動を取る」と通告した。トランプ氏は本気で軍事力の行使を考えているとみるか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。