«
»

蜜源抱え田舎より都会が蜜採れる

田中淳夫氏

12年目の銀座ミツバチプロジェクト

NPO銀座ミツバチプロジェクト理事長 田中淳夫氏に聞く

 平成18年3月28日(ミツバチの日)、東京・銀座のビル屋上で養蜂を行うプロジェクトが始まった。都市と自然環境との共生を目指したミツバチプロジェクトは今、銀座を飛び出し、全国100カ所以上、そして海外にも広がっている。NPO銀座ミツバチプロジェクト理事長の田中淳夫さん(紙パルプ会館専務取締役)に、大都会のど真ん中でミツバチを飼うことの意義などについて聞いた。 (聞き手=森田清策・社会部長)

都市と地方結び変化起こす/屋上緑化や農業にも取り組む全国100カ所以上 海外にも拡大

銀座とミツバチは、意外な組み合わせですね。きっかけは。

 ハチというと、ゴルフ場で刺される虫くらいに思っていたが、たまたま屋上を探しているという養蜂家に出会った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。