«
»

那覇軍港の浦添市への移設を市民が選択

那覇軍港の浦添市への移設を市民が選択

キャンプ・キンザー返還前倒しを近く政府に要請

松本哲治・浦添市長に聞く

 米軍港湾施設(那覇軍港)の浦添市への移設が争点となった同市長選が2月12日に行われ、現職の松本哲治市長=自公推薦=が再選した。松本氏に軍港移設についての考え、米軍キャンプ・キンザーの返還と跡地利用のビジョンなどについて聞いた。(聞き手=那覇支局・豊田 剛)

 ――浦添市長選でオール沖縄候補に勝利した背景は。

 (翁長雄志知事を支持する)「オール沖縄」候補とがっぷり四つの一騎打ちとなり、非常に危機感を持って臨んだが、想定外の大勝だった。わが陣営が団結し、私も知らない他市町村の団体、企業もたくさん応援してくれたのは大きな力になった。

 ――軍港移設が最大の争点となったが、容認の考えを市民にどう伝えてきたか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。