«
»

宗教文化を町興しエネルギーに

橋本達也

観光ネットワーク

福井県あわら市市長 橋本達也氏に聞く

 北陸有数の温泉地であるあわら温泉(福井県)は、関西や中部では知られていても関東での知名度アップはこれから。人口3万人を割ったあわら市は3年前の北陸新幹線金沢開業前から、地方創成に奮闘。都内で“「美(うま)し国越前」あわらフェア”を開く一方で、勝山市、坂井市、永平寺町、加賀市の周辺4市町で広域観光ネットづくりを進める。橋本達也市長に聞いた。(聞き手=堀本和博、宗村興一)

あわら市(福井県)の人口はたしか3万2000人でしたか。

 いえ、合併して13年たつが3万人を割り、もう2万9000人。地方創生で頑張らないといけない。

関西では温泉として知られているが、首都圏ではどのようにプロモーション展開を。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。