«
»

「一つの中国」は中国の主張

黄文雄

トランプ政権と米中台関係

評論家 黄文雄氏

 「中華民族の偉大な復興」を掲げ、強権台頭の陣頭指揮を執る中国の習近平国家主席。一方、先月20日就任した米国のトランプ大統領は、貿易問題や海洋進出問題、さらに台湾問題で、中国に対し厳しい姿勢を示している。評論家の黄文雄氏に、「一つの中国」問題やトランプ時代の日本の役割を聞いた。(聞き手=池永達夫)

トランプ氏は米大統領就任前、「『一つの中国』に縛られない」と発言した。これは米の対中外交の転換を示唆したものなのか?

 中国は激怒したが、トランプ氏とすれば当然のことを言ったに過ぎない。

 そもそも1972年2月にニクソンが訪中し、毛沢東と交わした米中共同宣言(上海コミュニケ)では「『中国は一つであり、台湾は中国の一部である』との中国の主張を米国は認識する」とある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。