ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

活力ある北海道へ

清水誠一

JR存続、原点に返った議論を

前衆議院議員 清水誠一氏に聞く

 2018年、北海道は開基150年を迎える。この間、原野だった北海道は先人の開墾によって整備され、道民は先進諸国並みの生活を営んでいる。昨年は北海道に新幹線が開通した。しかしながら、そうした北海道にも難問が山積している。JR北海道は、昨年11月に単独では維持できない10路線13区間を公表した。一方、農業の自由化の波が押し寄せている。また、昨年12月のプーチン大統領の来日で期待された北方領土の返還交渉は無残に打ち砕かれた。そこでこれらの問題を前提に北海道が活性化するための方策について前衆議院議員の清水誠一氏に聞いた。 (聞き手=湯朝肇・札幌支局長)

必要な国家的視点/対露経済交流のインフラにも新幹線の魅力はスピードと輸送力/農産物輸送も一考の価値 


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。