«
»

片倉小十郎と真田幸村のえにし

片倉重信

大坂夏の陣で両軍が激突

旧仙台藩家老白石片倉氏第16代当主、青葉神社宮司 片倉重信氏に聞く

 伊達政宗を祀(まつ)る仙台・青葉神社の片倉重信宮司は片倉家第16代当主。第2代の片倉小十郎重長は大坂夏の陣で真田幸村(信繁)ら豊臣方と戦い、激戦の後打ち破った。その際、死を覚悟した幸村から子供たちを預かり、後に家臣に取り立て、仙台真田家を興させている。不思議な縁で結ばれた真田と片倉の歴史を伺った。 (聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

小十郎に子供託した幸村/次男の子の代に真田姓

京都の屋敷が隣同士/諏訪と上田、同郷の出 

平成26年11月、近鉄南大阪線の道明寺駅前に「大坂夏の陣道明寺合戦記念石碑」が建立され、18日の除幕式に片倉小十郎重長の子孫である片倉宮司をはじめ後藤又兵衛子孫の後藤基保さん、真田幸村子孫の真田徹さんが出席しています。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。