«
»

お坊さんは総合的な相談相手

瑞田信弘

これからのお寺の役割

称讃寺住職 瑞田信弘氏に聞く

 香川県高松市にある浄土真宗本願寺派の称讃寺は毎年秋、総本山善通寺で宗教学者の山折哲雄氏をメーンゲストに専門家を招き「心と命のフォーラム」を開いて10年目になる。とかく葬式仏教と批判される中、生きている人のためのお寺を目指して活動する瑞田(たまだ)信弘住職に、これからのお寺の役割について伺った。(聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

心の地域診療所的役割も/宗教は良く生きる物差し深刻な子供の貧困/生活に追われる離婚母子家庭

善通寺での「心と命のフォーラム」が10回を数えました。

 山折哲雄さんは称讃寺での講演は12回、善通寺で10回になります。約500人収容できる善通寺の遍照閣は願ってもない会場で、一般の会場ではなく、お寺に足を運んで話を聞いてもらうことに意味があると思います。

生きている人の仏教を目指して続けているのですが、手ごたえは?


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。