«
»

自衛隊配備で防衛空白地帯解消-石垣市長に聞く

600

尖閣への領海侵犯続ける中国

中山義隆・石垣市長に聞く

 8月に入り、中国海警局の公船および漁船による尖閣諸島への領海侵犯が続いている。8日には、2012年9月に政府が尖閣諸島を国有化して以降、最多となる15隻の公船が領海または接続水域に侵入した。尖閣諸島を所轄する沖縄県石垣市の中山義隆市長に、尖閣防衛に対する思い、自衛隊配備などについて聞いた。(那覇支局・豊田 剛)

 ――中国公船と漁船が尖閣諸島沖を領海侵犯している。

 尖閣諸島が日本の領土・領海であることは紛れもない事実。国際法上も揺るぎないものだ。力で現状変更をしようと試みている状況を非常に危惧している。

 海上保安庁が県域を守ってくれているが、それだけでは足りない。国際的にもっと認知度を高めて、中国による圧力が非難されるような状況をつくらないといけない。

 ――領海侵犯によって市民は具体的にどのような被害を受けているか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。