«
»

一緒に暮らせば家族同然 在日外国人支援ボランティア活動家 浅沼雅子氏に聞く

400

外国人女性ワーカーの涙〈上〉

 浅沼雅子さんが最初に結婚した相手は外国人だった。だが、その外国人は母国に家庭を持っており、日本で就労するために浅沼さんを利用しただけだった。そうした散々な目に遭いながら浅沼さんは、なお日本で働く外国人就労者の辛苦に涙し、支援の手を差し伸べてきた。その在日外国人支援ボランティア活動家・浅沼雅子氏に胸の内を聞いた。(聞き手=池永達夫)

借金の形で縛られる/不法渡航費用は200万円

帰国に必要な日本人の支援/言葉の問題や面倒な手続き

 ――大体、港町には歓楽街があるものだが土浦がそうした土地になったというのはどういう歴史があるのか。

 土浦は「七つボタンの予科練」があったから、戦前から日本では有数の夜の街だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。