«
»

神より出でて神に帰る

畑中一彦氏

簡略化する葬儀と神葬祭

八幡神社宮司 畑中一彦氏に聞く

 近年、家族葬や直葬など葬儀の簡略化が進んでいる。そこで注目されているのが、日本古来の神道にのっとって行われる葬儀。東京都神社庁の教学委員会委員として『神道の葬儀』をまとめるなど神葬祭に詳しい八幡神社(東京都世田谷区太子堂)の畑中一彦宮司に、最近の葬儀事情と神葬祭について伺った。 (聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

業者任せの葬儀/宗教的な意味より顧客事情優先死生観からの理解必要に/私的な通夜、公的な告別式 

葬儀の簡略化が進んでいます。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。