ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

北の「対米抑止力過信」を警戒 中谷元防衛相に聞く

English

日米韓の防衛協力さらに強化を

⇒ English

 中谷元防衛相はこのほど、防衛大臣室で本紙のインタビューに応じ、北朝鮮による核実験・長距離弾道ミサイルの発射実験による能力の向上を「極めて強く懸念すべきことだ」と述べるとともに、北朝鮮が米国に対する戦略的抑止力を確保したという認識を一方的に持つ可能性を指摘し、「こうした誤認、過信を持てば、軍事的挑発的行為の増加、重大化につながる可能性もある」と警戒感を示した。その上で、日本、米国、韓国3カ国の防衛協力をさらに強化する必要性を語った。 (聞き手=早川一郎・政治部長)

北朝鮮による「水爆」と称する核実験、「人工衛星」と称する長距離弾道ミサイル発射実験で、それぞれどれくらい技術が進歩したと分析しているか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。