ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

沖縄米軍基地の建設 ソ連の「国際協調」反故で

300-1

極東の共産勢力拡大阻止必要に

戦後70年 識者は語る(12)

沖縄県元副知事 牧野浩隆氏(上)

 ――戦後、沖縄に米軍基地が残った経緯は。

 そもそも、米軍による沖縄攻略・軍事占領の目的は、日本本土を攻略する拠点基地とすることだった。そのため米軍は沖縄上陸直後の1945年4月1日軍政布告第一号を発し、日本政府の行政権を停止して米軍政府を樹立した。

 従って、本来なら日本のポツダム宣言受諾と降伏文書の調印で、米軍政府樹立の理由は消滅したことになり、沖縄は日本本土と同じ占領政策に置かれても不思議ではなかった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。