ワシントン・タイムズ・ジャパン

予備のない日本の防衛力

300-1

戦後70年 識者は語る(8)

旧陸軍第18軍参謀、元参議院議員 堀江正夫氏(2)

 ――昭和27(1952)年夏の入隊後、どんな活動をしたのか。

 入隊して(神奈川県横須賀市の)久里浜でオリエンテーションの教育を受けて、すぐ越中島の本部の第3部、防衛作戦関係の本部の警備班に配属になった。当時は3部が警備、部隊編制、教育訓練の関係をみな持っていた。林敬三総隊総監をはじめ、各部のトップはみな警察出身だったが、3部だけが陸軍大学を出た旧陸軍軍人が部長だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。