«
»

異次元緩和 今年度中に手仕舞いを

300

戦後70年 識者は語る(6)

元日銀理事、元衆議院議員 鈴木淑夫氏(4)

 ――昨年の8%への消費税増税の時も、同じ言い訳をしていました。

だから、また間違えた。政府が官僚の情報操作に踊らされて、不良債権の深刻さを知らなかった。もう一つ、財政赤字は待ったなしと言ったけど、冗談じゃない。97年の政府債務残高の対GDP(国内総生産)比率は、他のOECD(経済協力開発機構)諸国とほとんど同じで、純債務に至っては日本が一番低い。

 財政赤字を縮小する時は、増税よりも歳出カットが基本です。なぜか。増税をすれば、政治家や官僚は安易になり財政規律が緩む。歳出カットで行けば、財政規律は引き締まる。それから、税率を上げるのでなく、税収を上げる。それには持続的成長以外にない。それが財政再建の基本だと思う。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。